国連総会ウィークのNYU CICによるSDGsアクションゾーンイベント

今年は国連総会ウィークの期間中に、イベントの一部を撮影させていただきました。これはニューヨーク大学の国際協力センターと国連のコラボレーションで、Pathfinders for Peaceful, Just and Inclusive Societiesによるイベントの一環でした。

写真左から右へ:東ティモールのディオニシオ・ダ・コスタ・バボ・ソアレス外相、ウルグアイ代表、アイルランドのサイモン・コヴェニー副首相、ナミビアのハゲ・ゲインゴブ大統領、スウェーデンのシュテファン・ロフヴェン首相、エチオピアのサーレ=ワーク・ゼウデ大統領、インドネシアのジュスフ・カラ副大統領、スペインのペドロ・サンチェス首相、チュニジア代表。 

この写真撮影の後は、スウェーデンのアニカ・シェーダー外務次官、オックスファムのウィニー・ビャニマ事務局長、CICのサラ・クリフ理事が、多国間主義と多国籍目標の重要性についてパネルディスカッションを行いました。ぜひ、以下のサイトにアクセスしてみてください。 CICのホームページ そして 今回のイベントについてのブログ記事 をご覧になり、このイベントについて、また、CICが行っている有意義で重要な活動について、是非読んでみてください。 

error: Content is protected !!