近況報告



コロナウィルスによるパンデミックで、とても不安定な時期が続きますね。ここ数ヶ月間の間で、沢山の人々がコロナウィルスにかかり亡くなってしまいました。身近なご家族やお友達を失った方も沢山おられると思います。本当に悲しい出来事が続いてしまいました。亡くなられた方々は天国で、苦しみから開放されて、平和な日々を送られていることを心から願います。

残された私たちは地上でこの先まだまだ不安が残る中、少しでも早く安定した日々が戻ることを祈って、ポジティブさを出来るだけ保ちたい所です。

私はイベントフォトグラファーなので、この業界では真っ先にお仕事が無くなり、3月の末までには2020年のお仕事が全てキャンセルになってしまいました。ですが、お仕事が無くなってどうしよう!どころの話では無く、人々がどんどん感染して亡くなっていったことで頭の中が飽和状態になっていました。3月末から4月にかけて急激に状況が悪化し、現実を受け止める十分な時間も無く、茫然としたまま時間が過ぎました。

何をしようにもロックダウンでどうにもできず、3月半ばから5月までは買い物もデリバリーで済ませ、たまに健康を保つための散歩に出かける以外は、ほぼアパートの中に篭っていました。特にニューヨーク市では感染が増え続けていたので、4月と5月は道を歩く人もあまり見かけませんでした。たまに外を歩くといつもとは違う空気を感じました。人々のフラストレーションや緊張は、何も話さずとも伝わって来ました。毎時間のように救急車のサイレンが鳴っていました。エンパイアステートビルはニューヨークが緊急時にあることを伝えるように毎晩赤く点滅していました。

そんな中、とにかく今現在出来ることをやらなくては、と、ウェブサイトのリニューアルを始めました。実はパンデミックが始まる前にウェブサイトのリニューアルを業者さんに頼んでいたのですが、こんな状況がはじまり、その方と連絡がつかなくなってしまいました。(元気でいてくれたらいいのですが。。。)

なので、WordPress.orgのプログラムを学んで、自分で作ることにしました。このサイトと、まだアップしていないのですが、もう1つ自分のサイトを作りました。

今までは英語のサイトだったのですが、サイト全体を日本語訳して日本語バージョンを追加しました。これでブログも日本語で書くことが出来るようになりました。アメリカに何年いても、やはり日本人なので、日本語が書きやすいです。。。



6月中旬から7月に入って、やっと少しずつ状況が緩和されはじめました。ただ、それでも街は以前のようには戻ってはいません。ニューヨーク市内ではガンシューティングが急激に増え、治安が悪化し、ミッドタウン周辺でさえもひと気が無く、お店も半数くらいは閉まっていて閑散としています。たった数ヶ月前までは忙しなく動き続けていた街が、こんな状況になってしまうなんて。。。



このブログを読んでくださっている、日本や他の地に住んでおられる方々も、毎日まだまだ不安な状態が続いていると思います。あなたと周りの方々の、健康が保たれることと、平和な生活が少しでも早く戻るよう、お祈りしています。



error: Content is protected !!