Let's talk photography!

- All Levels -

こんにちは!私の名前はAyanoです。フォトグラファーとしてニューヨークで活動しています。生き生きとした瞬間を写真に収めることを得意としています。アクション写真だけでなく、プロのカメラマンになる過程で、ヘッドショット、ポートレート、建築写真も学びました。

写真について疑問や話したいことがありませんか?一緒に話しましょう!

  • 子供たちの最も貴重な瞬間を写真に収めたいけど、彼らは……超元気で、写真に収めるのが難しい
  • プロのカメラマンになりたいけど、何から始めたらいいかわからない
  • 写真家としてのキャリアをスタートさせたものの、どうすれば成功できるのだろう?と考えている
  • プロのカメラマンとしてレベルアップするのに苦労している
  • 趣味の写真がもっと上手くなりたい

オンラインコースやYouTubeのビデオには、写真のキャリアを目指す人にとって本当に役立つものがたくさんあります。私は今でも、撮影方法のアイデアが必要なときに、それらのビデオを時々見ています。検索すればすぐに出てきて知りたいことをすぐに知ることが出来るのでとても便利ですよね。しかもその多くは無料!だけど…、それらのプログラムのほとんどは一方通行です。ビデオを見た後、まだ疑問があるとしたら?もし、あなたの疑問がビデオの中で説明されていなかったら?

私がお手伝いします。

私は2009年頃からプロのカメラマンとしてのキャリアをスタートさせました。想像がつくかもしれませんが、私は最初から成功したカメラマンだったわけではありません!山あり谷ありでしたが、写真で成功することを諦めず、今に至ります!

About the Photographer, Ayano Hisa, NYC

About Ayano

埼玉県出身、ニューヨーク在住の写真家。母国日本からアメリカに到着するやいなや、カメラ片手にアメリカ音楽のルーツを探るため、アメリカ中を旅した。それ以来、ニューポート・ジャズ・フェスティバル、リンカーン・センター、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団など、さまざまなコンサート写真の撮影で活躍。近年ではガラ、企業イベント、スペシャルイベントも撮影している。

過去の個人的なプロジェクトのひとつには、2011年3月に日本で起きた大地震と津波の余波を記録したものがある。母親の故郷である石巻市の大部分が壊滅的な被害を受けた際に学校に焦点を当てて撮影した(「Schools in Tohoku」)シリーズは、2016年3月に東京で開催された5周年記念チャリティーイベントの一環として個展として展示された(株式会社ニコン/株式会社プロテクの強力により実現)。このプロジェクトで、ニューヨーク芸術財団(NYFA)よりアーティスト・フェローシップ、インターナショナル・フォトグラフィー・アワード(IPA)よりアーキテクチュラル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー2012を受賞。

2006年にロチェスター工科大学でプロフェッショナル・フォトグラフィック・イラストレーションのBFAを、2009年にサバンナ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインで写真のMFAを取得。

Why Connect?

個別相談

写真のことで質問がある時、プロの写真家に直接個別で質問をすることが出来る

夢の実現

プロの写真家になりたいという夢、または趣味の写真を上達させたいけど上手くいかない時に一人で悩まずに済む

現役写真家

実際にプロの写真家になって経験を積んできた人ではないとわからない、ノウハウのヒントを得られる

Benefit 4

Get help narrow down your path for professional photography

Past Clients

United Nations (国連), Google, Lincoln Center, Microsoft and many more

As Featured In